豊胸と切らない脂肪吸引を同時にできるコンデンスリッチ【口コミでも人気】

理想の体型を手に入れるコンデンスリッチの魅力

女性医師と患者

加齢に伴い、多くの女性が気になるのが体型の崩れです。若い頃とは違い、年齢が高くなると体についた脂肪を燃焼させるのも時間が掛かります。コンデンスリッチなどの美容整形を受けることで、時間を掛けずに気になる脂肪を除去することができるでしょう。

コンデンスリッチの概要

笑顔の女性医師

コンデンスリッチとは、簡単にいえば脂肪吸引と豊胸手術の2つを同時に受けられる整形手術です。脂肪吸引によって除去した脂肪を、そのまま胸へと注入することで、効率的に理想的なプロポーションを得ることができるのです。細胞膜や死活細胞、老化細胞を分離して注入するため、胸にしこりなどが残ることもありません。通常脂肪吸引は、肌にメスを入れてから行なう整形手術です。しかし最近では、切らない脂肪吸引方法が一般化しつつあるため、肌に傷を残さないコンデンスリッチが選ばれているのです。

コンデンスリッチが勧められる理由

身体への負担が少ない
脂肪幹細胞を注入して行なう豊胸手術は、最低6時間、最長で半日近い時間が掛るため、患者さんへの負担が問題となっていました。しかし、コンデンスリッチによる手術であれば、およそ2時間半から3時間半で手術ができるので、患者さんへの負担も最小限で済ませられます。

切らない脂肪吸引(痩身治療)は、脂肪吸引のように大がかりな手術をしないですむため、手術中の痛みや 腫れ、副作用などの身体への負担が少なく、治療後すぐに日常生活に戻れるというメリットがあります。

引用元: 脂肪吸引治療の種類・切らない方法編

切らない脂肪吸引によって切開をすることでの負担も解消しています。ですから、コンデンスリッチの施術は、身体に与える影響とリスクがかなり低いのが特徴です。
施術のリスクが少ない
短時間で受けられる豊胸手術といえば、シリコンバッグを挿入することでの手術方法です。しかし、シリコンバッグは体にとって異物となる物質なので、人によっては手術後にアレルギー反応が現れてしまうリスクがあります。これに対してコンデンスリッチによる豊胸手術は、元々自分の体にあった脂肪を注入する方法なので、アレルギーによるリスクが低いのです。体への負担を抑えて豊胸手術を受けたいという人におすすめできる手術法です。
大幅なバストアップが期待できる
コンデンスリッチによる豊胸手術は、体への負担が少ないことから、多くの脂肪を胸へと注入することができます。最大で2~3カップ大きくすることができるので、胸が小さいことがコンプレックスである女性の多くが、この手術法で満足のいく結果を得ています。また、胸のカップ数は胸自体の大きさで決まるものではなく、アンダーラインの数値との比率によって決まります。コンデンスリッチは脂肪吸引も同時に行なうので、アンダーの脂肪を取り除くことで効果的に胸のカップ数を上げることができるのです。
持続期間が長い
最も多くの人が行なう豊胸手術といえば、ヒアルロン酸を注入する、いわゆる「切らない豊胸手術」です。しかし、ヒアルロン酸はシリコンバッグとは違い、体への拒絶反応が低いことがメリットですが、体への適応率が高いことから、時間経過とともに体に吸収されてしまうことが問題となります。コンデンスリッチによる豊胸手術であれば、ヒアルロン酸とは違い時間経過によって吸収されてしまうことはありません。燃焼させることに手こずる脂肪を、逆に胸に注入することで、胸のカップ数を維持させることに役立てられるのです。
しこりができにくい
今まで行われてきた脂肪注入法では、細胞膜や老化細胞などの不純物も多く注入してしまったため、注入した部位にしこりができやすいことが問題視されてきました。コンデンスリッチによる脂肪注入は、遠心分離によって不純物を綺麗に取り除くため、こうした不純物が入り込むこともありません。

コンデンスリッチをさらに知るには脂肪吸引と豊胸手術の知識が必要

コンデンスリッチは、脂肪吸引と豊胸によるダブルの効果だけではなく、安全性や持続性があります。それに、体型の崩れと胸の大きさが気になるという人は、このコンデンスリッチを利用することで一挙両得の効果が得られることでしょう。 この魅力的なコンデンスリッチをさらに知るには、脂肪吸引・豊胸施術の両面を知ることが大切です。下記サイトでは、女性から支持されている施術の基本を知ることができます。

コンデンスリッチを利用した人の口コミを見る

コンデンスリッチについての内容だけでなく、実際に手術を行なった人の状況を知りたいと考える人も多いでしょう。以下に、コンデンスリッチを受けた人の口コミ内容をまとめています。

コンデンスリッチの口コミ

自然な仕上がりで満足しています(30代/女性)

昨年、地元大阪にある美容外科でコンデンスリッチによる手術を受けました。豊胸が一番の目的だったので、手術後3カップも大きくなっていることにとてもうれしくなりました。しかし、医師から「注入した脂肪が定着すると、カップ数が落ちることがある」という話を聞いており、4ヶ月後その言葉通り1カップ小さくなってしまいました。小さくなってしまったことは残念ですが、傷も目立たず仕上がりも非常に自然なので、結果としては満足していますね。

加齢により増えていく脂肪の悩みも解消されました(40代/女性)

30代半ばとなると体の代謝能力も落ちてしまうようで、食生活が少し変わっただけですぐに体型に変化が現れるようになりました。このままじゃダメだと考え、ファスティングダイエットなどを行なったところ、肝心のお腹や腰周りの脂肪は燃焼せず、逆に減らなくていい胸がサイズダウンしてしまいました。こうしたダイエットの問題で悩んでいた時、知人から「名医」と名高い美容外科の先生を紹介してもらいました。その先生に勧められた「コンデンスリッチ」という手術を受けたところ、気になるお腹や腰の脂肪を除去し、同時に小さくなった胸を大きくしてもらうことができました。美容外科の手術は、術後の痛みに長い間悩まされるという噂を聞いていたのですが、わたしの場合そういった痛みもありませんでした。先生の技術が高さの賜物かもしれませんね。

担当医師のサポートもあり安心して手術ができました(40代/女性)

私は以前から、美容外科のサイトに載っていた、コンデンスリッチという手術に興味がありました。しかし、美容外科での手術となると、痛みや手術跡が残ることなどの不安が拭い去れず、どうしても手術に踏み切ることができなかったのです。それでも手術について諦めきれず、休みを利用して大阪にある美容外科で医師から直接お話を聞きました。美容外科の先生は手術のメリットだけでなく、具体的な手術方法についての説明や、手術によるリスクに関することまでわかりやすく説明してくれました。私は誠実な対応に感激した私は、「この先生に手術をお願いしたい」と考え、念願の手術に踏み切ることができました。術後の結果に満足できたほか、献身的なサポートも受けることができたので、手術をして本当によかったと思っています。

術後のケアも大満足です(40代/女性)

私は半年前にコンデンスリッチによる手術を受けました。切らない脂肪吸引での手術であるため、体の負担は少ないと聞かされていたのですが・・・外科手術による治療なので、やっぱり術後の痛みは避けられないみたいです。しかし、私が治療を受けた病院では、痛みによるケアも万全に行なっていました。治療中はしっかりと麻酔治療を行ないましたし、術後は痛み止めの処方や、治癒力を高めるための過ごし方などを教えてくれるなど、手厚いアフターケアを受けました。丁寧に対応をしてくれた医師のお陰で、すぐに術後の痛みも癒えました。

名医のいるクリニックを利用するのがポイント

医師の技術や患者さんの体質によって、術後の状況は大きく変わります。美容外科での手術は、一度行なった後にやり直しをすると体の負担や費用の問題が懸念されます。手術を受ける前にしっかりと情報を集め、名医のいるクリニックを見極めることが大切でしょう。下記サイトでは名医に関する情報がたくさんあるので、情報収集に活用してみてください。

コンデンスリッチで起こりうるリスクも知っておく

コンデンスリッチによる手術は、除去した脂肪の使い方が異なるだけで、一般的にいわれる脂肪吸引手術とほとんど変わらないものです。 脂肪吸引といえば、手術中に強い痛みが生じることや、局所的に脂肪細胞が取り除かれたことで、体に凹凸が生じることがリスクとして挙げられます。技術や設備が未熟なクリニックの場合、このようなリスクは増大します。しかし、実績が豊富でたくさんの人が治療を受けるクリニックでも、こうしたリスクは100パーセント回避できるとは限りません。コンデンスリッチを受ける場合、このようなデメリット部を理解した上で手術を受けるようにしましょう。

TOPボタン